茶トラ猫エンジニア

フリーランスとして働く、先が見えないエンジニアのメモ帳

CodeCampのプログラミングスクール無料体験

この記事では、プログラミングや業界未経験者でも「短期間でエンジニアとして独り立ちできる方法」について紹介します。

プログラミングを独学で勉強していたり、実務レベルのプログラムをあまり書いたことがない人ほど、自分の実力が実務レベルに達しているのか悩むし、本当にやりたい仕事にチャレンジするまでに時間が掛かって大変ですよね。

他の業界から IT 業界を目指したい人や、エンジニアとしてソフトウエア会社に就職したものの、派遣みたいな扱いでどこかの企業に放り出されて、まともにコードを書かせてもらえていない方など、即戦力のエンジニアとして転職をしようと思うと、アピールできる経歴がなくて躊躇しちゃいますよね。

そんな悩みを簡単に解決するのが、転職サポートをしてくれるプログラミングスクールです。

その中でも 2 ヶ月という短期間で、即戦力エンジニアとして就業を目指せる「CodeCamp(コードキャンプ)」がオススメです。

オンラインスクールなので今の仕事との両立もしやすく、レッスンもマンツーマンで効率的です。

しかも、就職成功で全額キャッシュバックという特典付きなので費用面も安心です。

なぜオンラインスクールがいいのか

今の時代、Web(オンライン)でプログラミングの知識を学べる場は増えています。

気軽に学べて料金も安価な傾向にあるので、オフライン(教室)のスクールに比べると時間が有効活用しやすいから需要が多いのです。

オンラインのスクールの場合、これまでは経験者にとって魅力的なカリキュラムやサービスが多かったのですが、最近は業界未経験者の転職サポートを行うスクールも登場しています。

ただ、未経験者や経験の浅い方の場合、オンラインだと以下のような不安を持たれるかもしれません。

  • 質問に対してすぐに答えが欲しい
  • 自宅では集中力に欠ける
  • 同じ目的を持った人たちと勉強したい

確かに、教室のあるスクールの方が講師が近いイメージがありますし、会社や学校と同じように通うことでモチベーションが維持しやすい傾向にあります。

しかし、CodeCamp の場合は、マンツーマンレッスンという特徴があり、講師は画面の向こう側にいるので、教室の常駐講師よりも距離が違いです。

また、目の前にいる講師が全員「現役エンジニア」ということが一番の魅力です。

自宅でレッスンを受けられるからこそ、時間が効率的に使え集中できるというメリットもあります。

CodeCampはエンジニア目線

私は、これまでに、正社員として 3 社、フリーランスで 10 年近くエンジニアとして活動してきました。

その間、非公開求人を取り扱っている大手の転職サイト数社でエージェントに転職をサポートしてもらったことがありますが、担当者は上辺だけの業界知識で頼りなく、とりあえず積極的に採用をしている企業へ押し込もうとする人ばかりでした。

面談を受けて、業務内容や条件面が合わないと思って断ろうとした企業に対しても、「そんなハズはないので次の面談へ進んでください。もっと権限を持った役職者と面談すれば、業務内容もマッチするし待遇も変わりますよ。」っとゴリ押しされたことも何度かあります。

じゃあ、最初の面談は何だったのかと思いますよね・・・。

転職エージェントは、企業への転職を成功させて初めて報酬を得ることがほとんどなので、どちらかというと企業寄りの対応になります。

これは、エージェントとしては仕方のない部分もあるかもしれませんが、個人にとってみれば転職という大きな転機を雑に扱って欲しくありません。

その点、CodeCamp では、キャリアサポートも重視してくれます。

受講期間中は、就職・転職カウンセリングに予約が可能で、今後のキャリアについての相談がオンラインビデオ通話でできます。

ただエンジニアとして転職するのではなく、「入りたい企業がある」「興味のある分野がある」「最初は不安だから就業後もゆっくりステップアップしていきたい」といった、個人個人の想いに応えてサポートしてくれるのです。

即戦力エンジニアを目指すカリキュラム

CodeCamp では、約 2 ヶ月という短期間で、Web開発の最低限の知識が得られるところまでスキルを引き上げてくれます。

未経験者やプログラミングの知識が浅い方も対象なので、もちろん最初は基礎知識の習得から始まります。

徐々に実践的なチーム開発を視野に入れながら、実務に近い形で開発経験を積んでいく流れとなります。

私も、これまでの転職の過程で、「Twitterと同じようなアプリを作ってください」という試験を与えられたことがあります。

正月休みの最後の方の時間を使って作った記憶がありますが、CodeCamp のカリキュラムを経験していれば、サービス開発の最低限の知識は備わっているので怖くありません。

フロントエンドの知識から、サーバサイドまで幅広く学べるところも大きなポイントで、「これしかできません」と言ったような偏ったスキルにならないのも良いところです。

他のプログラミングスクールとの料金比較

ここで、他のプログラミングスクールと料金を比較をしてみます。

CodeCamp の場合は、冒頭でもお伝えした通り、就職成功で全額キャッシュバックなので、就職や転職前提で受講する方はそれほど気にしなくていいかもしれません。

現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp

スクールCodeCamp
タイプオンライン
料金198,000円(2ヶ月)
特典無料体験レッスン有り、分割払いも可能

次に同じくオンラインのスクールとして人気の TechAcademy の料金体系と特典です。

オンラインブートキャンプ Webアプリケーションコース

スクールTechAcademy
タイプオンライン
料金279,000円(4ヶ月)
特典先割キャンペーン適用時、分割払いも可能

教室に通うオフラインタイプで最近話題になった WebCamp Pro の料金体系と特典です。

未経験からIT業界へ転職なら【WebCampPRO】

スクールWebCamp Pro
タイプオフライン(教室)
料金400,000円(3ヶ月)
特典卒業後3ヶ月の転職サポート付き、転職できなかったら全額返金、分割払いも可能

まずは無料体験レッスン

「本当に短期間でスキルが身に付くの?」「仕事との両立が不安」など、スクールの特徴だけ見ていても疑問が出てくると思いますが、もちろん本人のやる気が一番重要です。

スクールはそのサポートをしてくれるという点では最高な環境を提供してくれますが、ダラダラと受講して、時間が過ぎたら一人前になっているというわけではありません。

そこを勘違いしているのであれば、どこかの転職サイトで、今の実力に見合ったありきたりな企業へ就職するのが妥当かもしれません。

しかし、何も毎日深夜まで勉強したり、休日返上で時間を費やさないとダメというわけではありません。

本気で勉強したい、今よりもスキルアップしたいという思いを持っていれば、エンジニアとしての第一歩を踏み出せるわけですし、憧れの企業にも熱意が伝わるかもしれません。

何か環境を変えたいと思ってる方は、一度、無料体験レッスンで相談してみるだけでも将来の不安解決にも繋がりますし、日々の仕事に閉塞感を感じている方にはオススメです。

CodeCampの口コミ

今は実際に体験したから言えることですが、正直、学習前は「本当にネットで得心できるのかな?あれこれ不都合がありそう」と楽しみ半分、不安半分でした。

CodeCamp では、グーグルのハングアウトというビデオ通話アプリを利用し、自分自身の PC に表示されている画面を講師にシェアして進行します。不都合が一切無いかと言えば当然そんなことはなく、細かい表現が上手に伝わらないと思う時もあります。しかし、そこは現役エンジニアの講師なので、新人教育のような感じで初心者の気持ちを悟ってくれ、理解しやすいように落とし込んでくれます。

やはり、リーズナブルなこと、マンツーマンという優位性を考えるとお得なサービスだなと思います。

コードキャンプでは、自分の都合の良い時間帯に合わせて、希望の講師の講義を受けることができます。講義を受ける時間も講師も、受講する側から選ぶというスタンスです。どの時間も、複数人の講師が待機していますので、よほどのことがない限り、全然都合が合わないということはありません。

私は、一番最初に選んだ講師の人に好印象を持ったので、なるべく、その講師の方を選んで講義を受けています。しかし、当初はどの講師を選んだらいいのか全く分かりませんでした。講師のプロフィールは閲覧できるようになっているのですが、専門用語は難しくてピンとこないですし、ありきたりの内容も多く差別化がしにくいのです。

当然、講師になるための試験に合格した方ばかりで、皆さん、信頼できる人たちであるのは間違いないです。でも、もう少し、未経験者にわかりやすい経歴やプロフィールをより充実したものにして掲載して欲しいです。